123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
美健ガイド社のFacebookページ

ブログランキング・にほんブログ村へ

黒糖でチャレンジ。酵素ドリンク

2014.01.27 Monday

こんにちは。
管理栄養士の小町みち子です。

昨年末は、お歳暮にリンゴや温州みかん、ポンカン、キウイフルーツなど
たくさんの果物をいただきました。

とっても美味しかったです。
お送りくださった皆さま、ごちそうさまでした赤りんご
誠にありがとうございます。


それぞれの果物は箱入りでしたので、
とても食べきれず、ご近所や友人に少しずつお裾分けしました。
それでも食べきれないほどでしたので、
残っている果物を使って
流行りの手づくり酵素ドリンクを作ってみました。

インターネット検索をすると、たくさんの方がレシピをアップされているので
参考にさせていただきました。

読ませていただいたほぼ全てのレシピは、白砂糖をお使いになっていて、
「黒糖は上級者向け」の記載が。

我が家には黒糖しかないので、
さて、どうしよう。果物は大切な贈り物で、私は初心者・・。
スーパーに走るかしばらく悩んだ末、
自分と酵素を信じて
思い切って黒糖でチャレンジしてみることにしました。




二週間後、
手づくり酵素ドリンクが美味しく出来上がりましたよ。


甘いので、レモン水で割りました。



作り方は・・・
たった一度成功しただけですが、
今回のレシピを掲載させていただきます。


材料
・お好みの果物、野菜(酵素をたくさん含むものが良いです)
・黒砂糖(果物、野菜とほぼ同じ量)
・水(ボトルなどに入って販売されているミネラルウォーターなど)
・大きめの瓶


作り方
?瓶を煮沸消毒し、よく乾燥させておきます。

?お好みの果物、野菜を適当な大きさに切ります。
 今回は、リンゴ、温州みかん、大根、それになんと日ごろ糠漬けを漬けている糠床を混入させてみました。
 糠床には、酵素を大量に出す酵母や、乳酸発酵で糖を分解する乳酸菌が棲んでいるので、発酵が促されるのでは・・と思いましてワッ!

?黒砂糖を包丁で細かく刻みます。
 今回使ったのは、私の大好きなむち黒糖。「むち」は奄美地方の方言で「餅」という意味なのだそう。確かにもっちりしていて、とっても美味しいのです。


?瓶の中に、果物と黒砂糖を交互に重ねて詰めていきます。
 瓶は、梅酒を漬けるものなどが最適だと思います。
 今回使用した瓶は、100円ショップで見つけたものです。

?水を少量加え、清潔な手で全体をかき混ぜ、ふたをします。
 発酵するので、瓶とふたの間にペーパータオルなどを挟みます。

 今回は、かき混ぜた際に細かく輪切りにした温州みかんの水分がたっぷり出て、あまり水を加えなくても黒砂糖が水分になじみました。
  

?二週間程度置きます。
 一日か二日に一度、清潔な手で全体をかき混ぜます。

?果物を濾して取り出し、出来上がり。


香りはとってもさわやかでフルーティポッ
予想通り、味はかなり甘いです。

先述のように、レモン水で割っていただいたり、
甘味料として料理やお茶に使ったりしています。

空気が乾燥して、喉がいがらっぽくなった時には
これをお湯で割り、すりおろし生姜を加えて飲みました。
余った果物や野菜で作れるので、
とっても楽しいですよひらめき

色々な果物で試してみたくなりました。




posted by: | ファミリー日記 (関係者もつらいよ!) | 01:38 | comments(0) | - |

コメント