1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
美健ガイド社のFacebookページ

ブログランキング・にほんブログ村へ
全[1]ページ中[1]ページ目を表示しています

妊娠性痒疹 と PUPPP に 紫雲膏

2016.03.31 Thursday

小町みち子です。


妊娠後期に入り、
私のカラダは「妊娠性痒疹」または「PUPPP」に蝕まれております。


どちらも、妊婦特有のたいへん痒い皮膚疾患です。
原因は分かっていないそうです。


「または」と書いたのは、
皮膚科の先生が明確に区別されなかったためで、
自分でインターネットの情報などを読んだ結果、
私の場合は「PUPPP」に当てはまりそうだと思いました。


どのくらい痒いかというと、
気が狂いそうなくらいです。

あまりにかゆくてついつい掻いてしまうため
掻き壊して、すでに皮膚がおぞましい状態になっています。
ただれた皮膚に目を遣ると、我ながらゾッとしますが
「掻いちゃダメ」という理性を超えて掻いてしまうのですよ困る


皮膚科では、ステロイドの塗り薬を処方してくださいました。
外用薬は、赤ちゃんに影響がないそうです。


しかし、しかし・・・
そうは言われても、
塗りたくない。


先日、出雲の「ゆめの森こども園」の所長である
前島由美先生がこんなことをおっしゃっていました。

「ステロイド薬を処方されていると、乳首に影響が出るようです。
子どもたちの中で、ステロイド薬を使用している子は
乳首が黒く変色したり、ただれて汁が出ていたりするんです。
皮膚科に診せると、そこにまたステロイド薬を塗るように言われるのですけどね。」


これにはドキっとしました。

実は、思い当たる節が。

患部に処方されたステロイドを塗ると、
確かに翌日には、気の狂いそうな痒みは治まり、
正気に戻ることができます。


でも、でも。
乳頭に変化が!!!


まるで、おっぱいの先に
野イチゴがくっついているかのようになってしまったのです。
(この例え、分かりにくいですか?)

無題.jpg

乳首がこれに置き換わっている、
ということです困る
あぁ、形状もジューシーなところもそっくり。


つまり、
乳首がボコボコしていて、赤く透き通っているような状態です。

果汁ではなく、
血液とリンパ液(?)がパンパンに詰まっていて
今にも破裂しそうなのです。

実際に皮膚が破れた箇所からは、
血や黄色の液体が溢れています。


前島先生のご意見が本当ならば、
私の野イチゴは、
ステロイド薬を塗ったために起きたのでしょうか。


それとも
妊娠による単なる偶然?


いずれにしても
出産直後から
すぐに赤ちゃんがおっぱいを飲み始めることを考えたら、
医師の処方通りにステロイド薬を続けたくはありません。


そこで、自己流ですが紫雲膏で治療してみることにしました。


紫雲膏は、全て食べられる原料からできている
真っ赤な軟膏です。
DCIM0436.jpg


病院でも処方してもらえる漢方軟膏なのですが、
適用疾患がなので、
私は処方してもらえず、町の薬局で購入しました。


紫根やトウキが手に入れば、
自作することもできますよ。
(しかし近年は紫根が入手困難なようです)


私はこの紫雲膏を、
以前勤務していた病院で知りました。
スタッフの間では「万能薬」として人気がありました。


最近では、
私も愛用している自然派化粧品のクレコスさんに
紫根入りの商品があり、
これを使うと
肌荒れや日焼けがスーッと治まることでも
紫根に信頼を置いています。


ステロイド薬の代わりに
紫雲膏を塗布し
ラップで10分ほどパック
します。
(そのまま放置したら、汗で痒くなりましたゆう★

乳頭は、面積が小さいので
ラップの代わりに
亜麻仁油の油紙をカットして使っています。

油紙は、パックというよりも
紫雲膏の赤みで
下着が汚れないように
カバーする目的ですひらめき


出産前に
これで治ることを願いますにた


後日談→妊娠性痒疹 と PUPPP に 紫雲膏(その後)
    妊娠性痒疹 と PUPPP に 紫雲膏(その後2)

posted by: biken-guide | 小町みち子の子待ち日記(7か月・8か月) | 12:24 | comments(0) | - |

28週 「立派なもの」が見えました

2016.03.24 Thursday

小町みち子です。


今日は
実家から上京してきた母と一緒に
妊婦健診に参りました。


相変わらず発育の良いちびさんですが、
前回までの勢いよりも
少し成長がゆっくりになったかもしれません。

前回の健診後
「あまり大きくなりすぎると産まれる時大変よー。」
「お腹がメタボだよー。」

繰り返し話しかけてきました。


ちゃんと聞こえて
応えてくれているようですニコニコ


そして
先生「あっ、おちんちんついてる!!
立派だね〜DoCoMo
(※若い女医さんです)

え、どこどこ?
って、探す間もなく見えましたちゅん

が、赤ちゃんがよく動くので
すぐに見えなくなってしまいました。


先生「ちょっと待ってね、
印刷するためにもう一度探すから」

今度はなかなか見つかりません。

結局、最後まで見つかりませんでした。
なんだか幻だったような気もします汗


次に衝撃の一言が。

先生 「逆子ちゃんだから、帝王切開の予約を取りましょう

へ?

先生 「手術室は早めに抑えておいた方が間違いないよ」

ええ〜ちゅん

私 「この子は、朝と晩では頭の向きが違うので、今はたまたま逆子になっているだけかと。
まだまだ出産までは時間があると思っているのですが
それでも今日、予約する必要がありますか?」


いきなり帝王切開の話だったので
動揺してしまい、
少し声が震えていましたDoCoMo


先生はすぐに、
「それなら次回の健診の様子で決めましょう」
とおっしゃったから良かったけど。


もし私が「はい」って答えていたら
その場で帝王切開の予約だったのでしょうか・・・・びっくり


ちびさんは、
まだ上下をぐるぐると宇宙遊泳しているのに
そんな簡単にお腹切る決定って。


大学病院って、ビックリです。

 

posted by: biken-guide | 小町みち子の子待ち日記(7か月・8か月) | 15:31 | comments(0) | - |